夫、3歳の息子と1歳の娘の4人で期間限定海外生活。


by y-citron
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:医療( 5 )

デンタルチェック

こちらにやってきて初めて息子を、デンタルクリニックに連れて行きました。
最後にチェックとフッ素塗布をしてもらったのは去年の7月。こちらに来る直前でした。
その時すでに前歯が虫歯になりかけていると言われていたのにもかかわらず、その後こちらに来てチェックを怠ってしまっていました・・・。

結果はやはり前歯が虫歯になっているとのこで、次回レーザーで治療することになりました。
私自身虫歯とは無縁なので最近の歯医者事情をあまり知らなかったのですが、最近はレーザーで痛みなく治療することができるとは、驚きました。

今日はチェックとクリーニング、フッ素塗布で終了。帰りにおもちゃやステッカーをもらい、「ありがとう。また来るね~」とルンルンで歯医者あとにした息子。完全におもちゃに釣られています。
まあでもこれで嫌がらずに行ってくれるから親としては助かってます。

ちなみに我が家はデンタルの保険は入ってません。短期滞在だし、色々制限も出てくるという話を聞いたからです。この保険のない状態で、今回約240ドル。保険がない人は10%割引してくれます。これが高いのかどうか・・・わかりませんが、これで子供の歯を守れると思えば決して高いものではないな。
[PR]
by y-citron | 2006-05-16 13:07 | 医療

突発性発疹!!

とうとう罹りました突発性発疹。

4月1日(土)
 午後、ミツワでお買い物中に不機嫌になり、泣き方がいつもと違う。体も熱い。
 急いで家に帰って検温すると、38度台の発熱。
 どんどん熱は上がり40度近くになり、機嫌も最悪なのでタイレノール服用。

4月2日(日)
 朝、熱は7度台に下がり、おもちゃで遊んだり活気もでてきた。
 日曜なので元気な息子を外に連れ出し、娘は夫に任せることに。
 夜また39度台まで上がり、機嫌も悪い、タイレノールをまた服用。
 きついのだろう、夜中に何度も起きて激しく泣く。
 
4月3日(月)
 38度台の熱が続くが、昼間ほとんど寝ている。昼間から少し下痢気味。突発かな・・?
 水分も良く取れているし、このまま病院に行かず様子を見ることに。

4月4日(火)
 38度台の熱はまだ続いたが、昼には熱も下がり食欲も戻ってくる。一安心。
 しかし、機嫌はずっと悪い。
 夜中何度もおき激しく泣く。発疹のでる全兆かな?(確か息子の時も発疹のでる時は不機嫌
 だった)

4月5日(水)
 機嫌は相変わらず悪い。
 朝オムツを替えるとき、首すじ、お腹にうっすら発疹が見られる。
 時間が経つにつれ、発疹は広がってきている。特に顔に出てきている。
 間違いない!これはやはり突発性発疹だ!
 思わず、夫に報告の電話をしてしまった。
 
結局、病院には行かずに治ってしまいそう。
 
[PR]
by y-citron | 2006-04-06 04:32 | 医療

発熱!

下の13ヶ月に娘が昨夜から発熱している。そのわりにまあまあ食欲もあるし、そんなに機嫌もわるくない。ほかに症状がないので、これはもしかして・・・突発性発疹かな?と夫婦ふたりで診断。
病院に行くほどでもなさそうだし、一応タイレノールだけ準備して、様子をみることにした。

それにしても家族が病気続きで困ったものです。子供はまあこうやって病気をしながら強くなてっていくのでしょうけどね。
[PR]
by y-citron | 2006-02-09 17:25 | 医療

続・病院通い

先日ホームドクターから紹介された皮膚科にアポイントと取るために朝一番で電話をした。すると、予約が取れるのは3月との返事が・・・。そこで、ホームドクターが教えてくれていた症状を説明するのに必要な英単語を使って症状を話すと、今日の4時45分に来てくださいとの返事が。おお~、よかった~。キーワードとなる英単語を教えてもらってなかったら多分スムーズに予約をとれなかっただろうな。
病院に行くのに、本当は夫についてきてほしかったのだけど(英会話に自信がないため)、そうする子供達も連れていかなくてはならない。二人の子供がじっとできるわけもないので、一人で行くことにした。まあ紹介状もあるし、皮膚だからみればわかるよね、と思い。
まずは受付、日本人に慣れている感じで、聞き取りやす英語でよかった。我が家は海外赴任者保険なのだけど、その扱いにも慣れているようで、キャッシュレスサービスもしているといっていたが、まさかキャッシュレスができるとは思わず、保険カードを持参していなかったのでカードで払ったが140ドルだった。受付の方は親切にも、保険の請求の仕方まで説明してれて、こちらの方にしては珍しく親切だなと思った。だいたいこちらの人々はこちらが質問しない限り教えてくれないことが多いからなあ。
そして、いよいよ診察なのだけど、まあ紹介状とみればわかるだろうというのは間違いではなかった。でも、今使っている薬のことを聞いてきているようだったけど、そんなことは英語でなんていったら言いかわからなくて、困っていたら、紹介状をかいてくれたホームドクターに直接電話をかけにいってくれた。これでだいたい状況はわかってくれたらしい。
あとは病名と薬の使い方をメモしてくれた。そして処方してくれた薬のサンプルをたくさんくれた。病院でサンプルをもらえるとは・・、まるで日本の化粧品屋さんみたい。
病名はやっぱり接触性皮膚炎。より強いステロイド外用剤と、薬用ソープ、抗ヒスタミン剤、かゆみ止めクリーム(以上サンプルでくれたもの)、これで治療するとのこと。
まあ一人でもなんとかなったかな。話は半分しかわからなかったと思うけど、まあポイントがわかればいいかな。
今回痛い目ににあったけど、これも一つの経験かなと思い、英語力をつけなくては、と改めて思ったのでした。f0062162_517468.jpg

薬のサンプル
[PR]
by y-citron | 2006-02-08 05:18 | 医療

病院通い

この2週間近く私自身が接触性皮膚炎に悩まされてます・・。原因は多分マンゴー。よく行く
whole foods market でおいしそうなマンゴーがあって思わず買わずにはいられなかった。買うときから樹液がたくさんついてるなあとは思っていたのだけ、まさかかぶれるとは・・。今までもマンゴー食べてきたけど大丈夫だったのに。
それで、ホームドクターにかかっていたのだけど、今日、とうとう皮膚科への紹介状を渡されました。ホームドクターは日本人だから言葉の心配もなかったのだけど、紹介されたのはもちろん現地のドクター。ホームドクターは紹介状があるから大丈夫、皮膚は見ればわかるから大丈夫だよといい、親切に電話でのアポイントをとるときに必要な医学用語の英単語までメモしてくれた。
とりあず休みがおわったらアポイントをとるしかない。はやく治さないことには家事もろくにできないし、人にあうことも気がひけてしまってるので。
[PR]
by y-citron | 2006-02-05 18:08 | 医療