夫、3歳の息子と1歳の娘の4人で期間限定海外生活。


by y-citron
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

続・病院通い

先日ホームドクターから紹介された皮膚科にアポイントと取るために朝一番で電話をした。すると、予約が取れるのは3月との返事が・・・。そこで、ホームドクターが教えてくれていた症状を説明するのに必要な英単語を使って症状を話すと、今日の4時45分に来てくださいとの返事が。おお~、よかった~。キーワードとなる英単語を教えてもらってなかったら多分スムーズに予約をとれなかっただろうな。
病院に行くのに、本当は夫についてきてほしかったのだけど(英会話に自信がないため)、そうする子供達も連れていかなくてはならない。二人の子供がじっとできるわけもないので、一人で行くことにした。まあ紹介状もあるし、皮膚だからみればわかるよね、と思い。
まずは受付、日本人に慣れている感じで、聞き取りやす英語でよかった。我が家は海外赴任者保険なのだけど、その扱いにも慣れているようで、キャッシュレスサービスもしているといっていたが、まさかキャッシュレスができるとは思わず、保険カードを持参していなかったのでカードで払ったが140ドルだった。受付の方は親切にも、保険の請求の仕方まで説明してれて、こちらの方にしては珍しく親切だなと思った。だいたいこちらの人々はこちらが質問しない限り教えてくれないことが多いからなあ。
そして、いよいよ診察なのだけど、まあ紹介状とみればわかるだろうというのは間違いではなかった。でも、今使っている薬のことを聞いてきているようだったけど、そんなことは英語でなんていったら言いかわからなくて、困っていたら、紹介状をかいてくれたホームドクターに直接電話をかけにいってくれた。これでだいたい状況はわかってくれたらしい。
あとは病名と薬の使い方をメモしてくれた。そして処方してくれた薬のサンプルをたくさんくれた。病院でサンプルをもらえるとは・・、まるで日本の化粧品屋さんみたい。
病名はやっぱり接触性皮膚炎。より強いステロイド外用剤と、薬用ソープ、抗ヒスタミン剤、かゆみ止めクリーム(以上サンプルでくれたもの)、これで治療するとのこと。
まあ一人でもなんとかなったかな。話は半分しかわからなかったと思うけど、まあポイントがわかればいいかな。
今回痛い目ににあったけど、これも一つの経験かなと思い、英語力をつけなくては、と改めて思ったのでした。f0062162_517468.jpg

薬のサンプル
[PR]
by y-citron | 2006-02-08 05:18 | 医療